代表より

新川弘人(しんかわひろと)
フリースクール コルネット
代表

自分らしさに「へこむ」のもいい経験♪

学校に行こうとしても身体が動かない君へ。

僕は高校の教員を26年間つとめました。

しかし、実は、それほどご立派ではない、

ひとりの弱い人間です。

中学のときは吹奏楽部でスランプに陥り、

トランペットを投げ出しました。

「いじめ」にもあって、みじめな気持ちにもなりました。

高校の時は合唱部の雰囲気になじめずリタイヤ。

軽いうつ状態にもなって、朝は布団からなかなか出られず。

勉強面では暗記が苦手。

大学でも対人恐怖症、視線恐怖症を経験。

はっきり言えば、暗い人間でした。

でも、振り返ってみるといつも救いはありました。

そのなかでも大きいものを三つ紹介します。

ひとつめの救いは、

高校2年のときに担任してくださったT先生との出会いが、

現代文の面白さに目覚めさせてくれたことです。

現代文の読解力がアップしたことにより、

本からたくさんのことを学べるようになりました。

現代文の成績が上がると、

他の教科にも好影響が出るって知ってましたか?

それは、思考力が上がり、

本質を見極める目が養われることで、

他の「教科そのものへの読解力」が増すからです。

ふたつめの救いは、

想像を超えた未来があると知ったことです。

教師になってから、

吹奏楽とかかわるときがあっても、なかなかうまくいかず、

「僕が吹奏楽に深くたずさわることを、

神様はお許しにならないのだな」

と思っていました。

しかし、47歳の時、ちょっとしたきっかけから、

7年間封印していたトランペットを再び吹き始めました。

いまでは楽しく吹いています。

こんな自分を手に入れられるなんて、

46歳までは考えられませんでした。

この経験から、

「想像もつかない未来が開けることはあるのだ」

ということを知りました。

そして、「やりきった」という思いで教員を辞め、

独立できたこともまた、

想像もつかない未来を手にした瞬間でした。

みっつめの救いは本です。

僕は実用書や自己啓発本や心理学の本、教育書、

宗教書、エッセイなど、生きる上での

悩みを解いてくれるような本が好きです。

深見東州、國分康孝、向山洋一、野口芳宏、

日下公人、渡部昇一、谷沢永一、森俊夫、斎藤一人などの本から

たくさんの気づきやヒラメキを得ることができました。

変わり種を一つあげると、

山本浩一朗『腰痛は心の叫びである』(サンマーク出版)。

僕は40代後半までひどい腰痛持ちだったのですが、

この本を読んで、書いてあることを自分に試してみたら、

なんと3日で腰痛が治りました。

ここでも、想像もつかない未来を手にしています(笑)。

社会の現状を見ると、

「人の心を縛るもの」

がたくさんあるように思います。

高校生で言うと、

・毎朝きちんと時間までに登校しなくてはいけない。

・大人には有給休暇があるのに高校生にはない。

・無断で遅刻したり欠席したりすると叱られる。

・制服を細かいルールにのっとって着なくてはいけない。

・茶髪や化粧は許されない、などなど。

社会集団にいる以上、

ある程度のルールは必要ですが、

本当にそんなルールまで必要なのかと思うことが、

たくさんあります。

もっと「伸び伸び」とできないものか。

僕は、出会った生徒さん一人一人の心の束縛を、

少しでも減らしてあげたいと思っています。

あなたも例外などではありません。

フリースクール事業や、中高生向け学習塾、

小論文指導やカウンセリングなどを通して、

一人一人の心や頭の束縛を解き、

皆さんが少しでも幸せに近づけるように支援する。

それが私のやりたいことであり、

それを多くの人にできるようになることが、私の夢です。

フリースクールは日中から夕方、

夜は学習塾としての個別指導で、

生徒さんたちに

思考力による本質を見抜く力=生きる力を養って

もらおうと懸命に頑張っています。

僕の思いは、

「君もゆっくりでいいから、伸び伸びやろうぜ♪」

ということです。

「フリースクール コルネット」はいつでも扉を開けています。

「心の自由を取り戻す」ため、応援します!